トップ

赤ちゃんのアトピーと夜

赤ちゃんのお肌はデリケートなため、ちょっとした刺激から肌荒れを起こすことがあります。症状は様々で小さい水ぶくれ、うろこ状のかさぶたが出来る、乾燥していたりジュクジュクと湿っていたりと一定の症状ではありません。この肌荒れは乳児湿疹と呼ばれて生後2週間頃から出始めて、ほとんどの赤ちゃんは1歳頃までに治まっていきます。

乳児湿疹と見分けがつきにくい症状にアトピー性皮膚炎があります。赤ちゃんのアトピーは大人とは違い治りやすく、ほとんどは1,2歳までに改善してしまいます。もしかしてうちの子はアトピーかも?と思ったら赤ちゃんアトピーの改善情報で、正しい対処法を知っておくことが大切です。

<赤ちゃんのアトピーの症状とは?>

アトピーは特定のアレルゲンに反応して起こる皮膚症状ですので、赤ちゃんでも発症することがあります。その症状は頭部や顔、関節部分、耳などに強いかゆみが起きて、ひどくなると皮膚が切れて出血してしまいます。アトピーは慢性的な湿疹で、良くなったり悪くなったりを繰り返して完治までには時間がかかります。

疑わしい症状が出て病院に行ったとしても、医師でも乳児湿疹とアトピーの見分けはつきにくいためすぐにアトピーと診断されることはありません。基本的には定義化されていないのですが日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎の定義、診断基準」では、乳児期では頭部からはじまった発疹がどんどん下降していき、2ヶ月以上ジュクジュクしてかゆみのある発疹が慢性的に続く場合にアトピー性皮膚炎と診断するとあります。

アトピー性皮膚炎と診断されたならまずはアレルゲンと考えられるものを除去して、その症状を悪化させないケアをすることが大切です。肌は清潔を保ちながら日々のお手入れでは保湿を心がけてください。アトピーというのは薬を塗ればすぐに改善するわけではなく、良くなったり悪くなったりを繰り返して、肌が強くなると同時に少しずつ改善していきます。